リンパ腫れ
リンパで首が腫れたり痛みがでる場合の原因や治療方法について解説
スポンサーリンク

トップページ >子供リンパ腫れ

子供リンパ腫れ

子供のリンパが腫れる原因として特に考えられるのは、主に風邪と頭の発疹です。リンパが腫れ上がると、周囲が大きくなるだけでなく、炎症を起こして激しい痛みをともなうことがあります。

特に子供の場合、首のリンパの腫れはこれらが引き金となって起こることがほとんどです。首筋あたりに痛みを訴え、悪化すると発熱する場合もあるなど、子供の体に様々な影響を及ぼします。

首の周辺が痛くなるため物を噛めなくなり、満足に食事を取れず支障が出ることもありますので注意しましょう。

スポンサーリンク


さまざまな症状と治療方法

リンパの腫れは、おたふく風邪と勘違いされやすい病気です。同様に首の周辺が腫れることから、見過ごしてしまうことも良くあります。

ただし、おたふく風邪は1週間〜2週間ほどで痛みも腫れも引きますが、リンパが腫れてしまった場合はそれ以上に長期化します。

短期間の完治を目指すのではなく、いずれは治るので少しずつでもいいから、的確な治療方法を心がけ、時間と費用を節約するように心がけましょう。

又、心配な場合はセカンドオピニオン(別のお医者さん)にかかるというのも、一つの方法です。病院の先生が仮に誤診をした場合は、さらに症状が悪化することになり、取り返しのつかないことになります。

スポンサーリンク


リンパの中にウイルスが侵入して炎症を引き起こしているため、しこりのようなものが残ります。悪性腫瘍を患っている可能性も捨てきれないため、微熱が続いたり、倦怠感を見つけたときは、早めに病院で診療してもらうことが大切です。

対処方法

子供のリンパの腫れが起きたときは、基本的に投薬治療をおこないます。治療に使う薬は抗生物質が選ばれる場合が多いのですが、アレルギー持ちの場合などは別の薬を処方してもらうことになります。

投薬治療で治らないときは、腫瘍ができている可能性もあります。この場合は切開手術をして取り除くことになるため、治療に必要な期間も長くなります。

場所や大きさでも対処方法は異なりますが、基本的には、今現在の状態に一番あった治療方法を先生と相談しながら進めていくのが一番良いでしょうか。