リンパ腫れ
リンパで首が腫れたり痛みがでる場合の原因や治療方法について解説
スポンサーリンク

トップページ >リンパ腫れ耳

リンパ腫れ耳

リンパ腫れ耳とは、後頭部の髪の生え際から耳の前後あたりにあるリンパ節が腫れることです。耳下にぐりぐりとしたものがあり、抑えると鈍い痛みを感じることがあります。このような痛みだけでなく腫れた部分に熱を伴うこともありますが、その度合いは人によって千差万別なので、耳リンパ腫れの症状を類型化することはできません。

スポンサーリンク


原因

耳リンパ腫れは基本的にはリンパの炎症が原因です。口の中の炎症や扁桃炎、耳の炎症などが引き金となって耳そばにあるリンパ節炎がおき、腫れて痛くなることがケースとしては多いです。

もっとも多い症状

腫れ耳リンパ腫れ耳において、特徴的でもっとも多い症状としては、耳下腺(耳の下の唾液腺)が腫れるというものです。

炎症性のものとして、ウイルスによるおたふく風邪などと似ているので間違われる場合もあります、病院に行って検査をしてもらうことではっきりと判断してもらうことが可能です。

また、耳の下が腫れるというリンパ炎の場合は、たいていは発症してから2日以内に症状が一番重くなります。

そこがピークでその後は徐々に回復傾向になっていきますので、医師に診てもらうかどうかの判断を発症2日後の状況で決めることがポイントです。
症状が完治するまでには長い場合は2週間程度かかります。