リンパ腫れ
リンパで首が腫れたり痛みがでる場合の原因や治療方法について解説
スポンサーリンク

トップページ >リンパ腫れを冷やす

リンパ腫れを冷やす

冷やすリンパの腫れ冷やす方法は、風邪などの症状で、リンパが腫れた時の痛みを緩和するのに有効な手段の1つです。リンパが腫れるとそら豆大に膨らむため、手で触ると違和感があります。

しかし、リンパ腫れ冷やすことで炎症を起こして腫れてしまっているリンパ節の腫れを鎮めることができ、リンパの流れを改善することができます。そのため痛みが和らぎ、楽になります。

スポンサーリンク


病気を抑える役割

リンパ節は、細菌やウイルス等をブロックする役割があり、体全体にウイルスや細菌が侵入しないように、炎症を起こしてリンパ液の流れを止める役割があります。

症状を治す

治療リンパが腫れる場合は、ウイルス等の侵入があることを示していることが多く、まずは原因となる風邪などの症状を治すことが大切です。

しかしながら、リンパの腫れは痛みを伴うため、リンパ腫れ冷やすために濡れタオルや氷嚢などを患部にあてて炎症を抑制し、痛みを緩和することが可能です。

また、冷湿布などを患部に当てることで、腫れを抑えることもできます。風邪などの症状が緩和されると、やがてはリンパの腫れも引いていきます。
炎症がおさまり、リンパの流れが滞ることが無くなるためです。

しかしながら、リンパ腫れ冷やすことがよくない場合もあります。がんの発生を見る場合は、冷やしても腫れが引かないのが特徴的です。