リンパ腫れ
リンパで首が腫れたり痛みがでる場合の原因や治療方法について解説
スポンサーリンク

トップページ >リンパ首腫れ

リンパ首腫れ

腫れリンパは血液と同じように全身に張り巡らされており、不要になった老廃物などを処理する臓器に持って行ってくれます。

通常、老廃物や二酸化炭素は静脈が運ぶものですが、この物質はその静脈が運びきれなかった老廃物を運ぶサポートのような役割をします。

また更には細菌なども回収するので細菌感染を防ぎますし、リンパ球はウイルスが体内に侵入すると抗体を分泌して戦ってくれます。

スポンサーリンク


もちろん首にも流れていますが、この首のリンパが腫れているとなんらかの病気が考えられます。
首の部分に細菌やウイルスが侵入すると腫れてしまうこともありますし、風邪が原因で腫れることもあります。 悪性リンパ腫や扁桃腺炎によって首の一部分が腫れることもあります。

先の二種類のものは、比較的病名を聞いたことがある人は多いでしょう。 ちなみに、その別名としてはリンパがんとも呼ばれていて、これにかかるとリンパの中のリンパ球が異常に増えて腫れてしまうのです。

スポンサーリンク


治療

治療心臓や肺などの臓器のように1か所に留まっておらず全身に張り巡らされているため、摘出手術によって治療を行うことはできません。
化学療法や放射線治療が中心になります。

扁桃腺炎は細菌によって扁桃腺と呼ばれる部位が炎症を起こして首の一部分が腫れる病気です。

この細菌は一度感染すると完全に駆除することはできないので、症状が回復しても免疫が弱るとまた首などのリンパが腫れるなどの症状がで合併症が併発することもあります。